武器解説

【意外と高性能?】くっつき爆弾は強い!?長所と短所まとめ【フォートナイト爆弾】

くっつき爆弾

どうも、りょうたです(・∀・)

 

今日は爆発物系武器の解説第二弾としてくっつき爆弾についてまとめていきます!

 

なんとなく「味方に投げつけて遊ぶ武器」というイメージがついていそうなこの爆弾ですが、実際のところは使える武器なのか否か。

改めて解説&考察していきたいと思います(^^)

 

お知らせ


YouTubeにて、毎日21時から生放送をしています!

 

始めたばかりの初心者ソロスクに挑む猛者まで、どんな腕前でも大歓迎

Switch版フォートナイトの視聴者参加型配信をお探しの方は、ぜひお越し下さい(^O^)

 

チャンネルにはこちら↓からどうぞ(^^)/

チャンネル名:ガチメガネちゃんねる

 

皆さんのご視聴&チャンネル登録、お待ちしてます<(_ _)>


 

くっつき爆弾の使い方とデータ

 

くっつき爆弾©Epic Games

 

  • レア度:アンコモン(緑)
  • 威力:対人100、対物200
  • 所持数:10(1ドロップ3個入手)

 

さて、今回はくっつき爆弾についての記事。

 

前回のグレネードの記事から少し経っているので、もう一度読みたいかたはこちらからどうぞ(^^)

 

くっつき爆弾は、その名の通り着弾した場所にくっつく(接着)性質を持っています。

グレネードはバウンドしたり転がったりしてしまうのでコントロールが付けにくかったですが、その点を改善したのがくっつき爆弾ということになりますね(・∀・)

 

ですが、基本的な使い方はグレネードと同じ感覚で問題ないでしょう(^o^)

というのも、結局のところ「狙って敵を倒す」ということに関してはくっつき爆弾もあまり向いているとは言いがたいからです。

爆風の範囲がそこまで広くなかったり、くっついてから起爆するまでの時間がかかったりというのが主な要因ですね。

 

 

まずは敵の建築に投げ込んでみたり、交戦中の敵に横やりをいれる形で使うのが基本と言えます(^^)/

 

そこに+αとして、建築バトルで出来上がったような高さのある構造物に投げつけても良いですね(o^^o)

これはグレネードだと難しいことだったので、投げつけた場所に留まってくれるくっつき爆弾ならではの使い方と言えます。

 

グレネードで高所の建築を狙っても、上手く階段の下や壁に引っかかってくれないと落下してしまって爆風が当たらないんですよね(T-T)

 

この辺りの「グレネードとの違い」を意識することがくっつきを使う上で大切になるのではないかと思います(^^)/

 

 

くっつき爆弾の長所(強いところ)

 

長所

さて、それではくっつき爆弾の長所について考えてみます。

 

 

まず何と言っても良いのが「くっつくこと」ですね(・∀・)

 

 

・・・まぁ、名前の通りなんですが。笑

ですが、これはグレネードとの大きな差別点でありしっかりとした利点でもあります

 

使い方の項目であらかた触れてしまいましたが、建築の支点となる部分をピンポイントで狙って攻撃するにはくっつき爆弾の方が圧倒的に使いやすいです。

 

さらに、見事に敵に直接くっつけることが出来れば拍手喝采(*^O^*)

そのダメージを防ぐ手段はなく、確実に100ダメージを与えることが出来ます!

序盤のシールドがない状況でしたら確殺ですし、仮に倒せなくても残り体力は大幅に少なくなります(^^)

そこを他の武器で確実に仕留めていけばOKなので、くっつきをマスター出来ればとてつもない猛者になれますね(^_^)b笑

 

 

また、精度の高い投法で活躍をみせながらそれでいて適当に敵陣にぶん投げておくだけでもダメージを入れてくれたりするので、グレネードと同じような使い方も出来るんですね(^^)

上手い相手には効果が薄いかもしれませんが、スクワッドで人口密度が高いところに投げれば思わぬ戦果をもたらすこともあります♪

 

 

割と「グレネードの完全上位互換」と言ってもいいくらいの性能は有していると思いますので、アンコモンの武器の中ではかなり有能なのではないかと思います(^^)/

 

「この建築はここを破壊すれば上が崩れる!」というポイントに投げつけ、上の敵を落下ダメージで仕留める・・・なんて使い方が出来ると、くっつき爆弾上級者っぽい雰囲気が出せますね!笑

 

 

ちなみに、射程(飛距離)もグレネードと同じく驚くほどの長射程

床10枚分くらいまで届くので、中距離戦での攪乱にもってこいの飛距離となっています。

少し斜め上に投げると飛距離がでますので、ぜひ使ってみて下さい(^^)/

 

 

くっつき爆弾の短所(弱いところ)

短所 欠点

さて、続いてはくっつき爆弾の短所について。

 

これはくっつき爆弾そのものが悪いワケではないのですが、当てるのが難しいというのは覚えておかないといけない点ですね。

特に動いている相手にぶつけるのは半分運ゲーですw

 

建築などに投げつけるにしても、放物線を描くように投擲するため距離が離れるほど細かいコントロールが必要になってきます(T-T)

攻撃ボタン(ZR)を長押しすると軌道が表示されますので、しっかりと狙いたい方はそちらを駆使しながら使っていきましょう!

 

 

さらに、威力がそこまで高くないという点にも注意が必要。

対人ダメージは100と中々の威力を誇っていますが、対建築物のダメージが200となっており言うほど高くありません(;。;)

 

木の建築物なら1発で破壊できますが、レンガと鉄製の建築が完成してしまっていると壊すのには複数個ぶつける必要があります。

正面から破壊するのではなく、1個ぶつけたらアサルトで追撃するなどのコンビネーションを意識すると良いでしょう!

 

 

また、グレネードには出来た「階段を利用した別の階への攻撃」というのがくっつき爆弾には出来なくなっています。

これは「家の階段部分に投げつけて、壁で反射させて上下の階に爆弾を投げ込む」という使い方です。

 

特に序盤戦では同じ家に敵が降りてしまうこともあるので、割と有用なのですがくっつき爆弾だと壁に張り付いてしまって終わりなのでこの使い方は無理ですね(T-T)

 

まぁ、敵がいる部屋が分かればくっつきを投げ込むという手も使えるのでそこまで気にする点ではないかもしれませんがね(・∀・)

 

 

まとめ

 

というワケで、くっつき爆弾についての解説記事でした!

 

個人的にはかなり好きな武器で、グレネードはほとんど拾わないですがくっつきは持ち歩くことが割とあります(^^)

配信中でもあまり使う人がいないからか宝箱の側に捨てられていること多数ですので、もっと積極的に持ち歩いてくっつき爆弾の使い手を目指すのも面白いかなーなんて思いながら記事をまとめていました(o^^o)笑

 

 

というワケで今日の記事は以上です(^o^)

それではまた、次回の記事で!!

 

POSTED COMMENT

  1. もりま里芋 より:

    すいません、最近ブログにコメントできなくて僕はくっつき爆弾は使いにくいので拾わないです。普通のグレネードは使えるんですけど。これからもブログ頑張ってください

    • ryota より:

      大丈夫ですよ!

      グレネードは中々使いにくいですねー、俺は全く反対ですw
      くっつきもそこまで使わないけど、コレを機にしっかり使い込んでみようかな!

  2. グッチー より:

    くっつきは半分おもちゃのような扱いですよねw
    上手い人が持てば怖い武器ですよね(´・ω・`)
    グレネードばら撒きが関の山な僕には到底扱いきれない武器かもしれないですw

    グレネードの利点はくっつきと違いバウンドさせられることですね。
    敵が部屋に入り込んだら部屋のの外からバウンドさせて投げ込むやり方を他の配信者がやってました。
    グレネードの時に書けばよかったんですが今思いついたのでこちらへw

    • ryota より:

      くっつき・・・投げつけてくる暴徒がいるんですよね(´д`)笑
      グレネードばらまきは案外バカに出来ないですね、当たればデカいのでついやってみたくなります(o^^o)

      グレネードはむしろその使い方が主流ではないでしょうか(^^)
      室内戦で使うほうが当たる確率も高いので、タワーに降りたときなんかは覚えておきたいテクニックの1つですね(^o^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。