アップデート

【version5.40配信】新モードは「逃走」ではなく「闘争」!?初プレイ感想と立ち回り考察

逃走

どうも、りょうたです(・∀・)

 

今日の記事では、9/6のアップデートで更新された新モードである、

 

「逃走(ゲッタウェイ)」

 

についての初プレイ感想と考察をまとめていきたいと思います(。・ω・。)

 

放送で2回ほどプレイできたので、そちらもぜひご覧下さい(o_ _)o

今回の放送

 

 

お知らせ


YouTubeにて、毎日21時から生放送をしています!

 

始めたばかりの初心者ソロスクに挑む猛者まで、どんな腕前でも大歓迎

Switch版フォートナイトの視聴者参加型配信をお探しの方は、ぜひお越し下さい(^O^)

 

チャンネルにはこちら↓からどうぞ(^^)/

チャンネル名:ガチメガネちゃんねる

 

皆さんのご視聴&チャンネル登録、お待ちしてます<(_ _)>


 

 

逃走についての簡単な解説まとめ

逃走

 

さて、先日から始まった新モードの逃走

公式サイト(パッチノートV5.40)からの引用では、以下のような説明がなされています。

 

期間限定モード: ゲッタウェイ

「ゲッタウェイ」へようこそ! このモードでは、他の誰よりも早く宝石をいち早く見つけて、逃走用バンで逃げ延びれば勝利となります!
  • モード詳細
  •  宝石
    • 宝石は最初のストームの目の縁に沿った地点にある特別な補給物資の金庫に入っています。金庫を開けるには時間がかかるので、宝石を取り出そうとする前にまず周囲の安全を確保することを忘れずに!
    • マップ上には常に4つの宝石が用意されます。プレイヤーが宝石を持って逃走したり、宝石がストーム内で失われると、新たな補給物資により替わりの宝石が追加されます。
    • 宝石が拾われると、プレイヤー全員のマップ上に30秒間その位置が表示されます。
    • 宝石を運んでいる間は体力とシールドが徐々に回復しますが、スピードは10%遅くなります。
    •  逃走用バン
      • マップに出現する逃走用バンは全部で4台です。そのうち3台はマッチの序盤に、最後の1台は終盤に出現します。
      • 逃走用バンは空中に浮いているため、逃走を成功させるには宝石を運んでいるプレイヤーが建築物を立ててそこへたどり着く必要があります。
      • 宝石を見つけるか盗んで逃走用バンに乗り込み、Victory Royaleを手にすることが目的となります。
      • 一度出現すると、金庫と逃走用バンはマップ上に常に表示されるようになります。
  • マッチの最初に12個の赤い補給物資「探求者」が投下されます。中には様々な遠隔武器やその他のアイテムが入っていますが、このモードで新登場する「グラップラー」はここからしか手に入りません。
  • 素材の収集量が50%アップしました。
  • このモードで手に入る武器は全てレア以上となります。
  • 逃走用バンを巡る交戦をより公正に楽しめるよう、裂け目、ポータブル裂け目、ジャンプパッドを削除して便利な移動手段を減らしました。
  • このモードではプロフィール統計(敵を倒した数/敵に倒された数と勝利数)はトラッキングされますが、勝利報酬のアンブレラはありません。

(FORTNITE公式サイトより)

 

 

・・・

 

 

 

分かる?笑

 

やや抽象的というか、ぼんやりとしたイメージしか湧かない説明なのではないかと個人的には思います(それが狙いかもしれませんが)w

 

なので、僕なりに要点をまとめてみました。

 

  1. このモードの勝利条件は宝石(ジュエル)を持った状態所定のポイント(バス)まで到達すること
  2. 宝石の場所はマップに表示されるので全プレイヤーが知ることが出来る
  3. 宝石を入手したプレイヤーの位置もマップに表示される(30秒間)

 

こんな感じでしょうか。

 

要するに、宝石を持ったチームは格好の的になるということですねw

マップに位置が表示されるなんて、襲ってくれと言っているようなものです(・∀・)

 

実際に放送でやってみたときも、最初に金庫を目指して降りたらガンガン敵に襲われました。笑

 

新モードのポイントは「逃走」ではなく「闘争」?

 

戦い

さて、そんなワケで新モードをやってみた感想を書いていきます。

 

一言でいうと、見出しにも使ったように「逃走というより闘争」という感じでしょうか(。・ω・。)

 

逃走(ゲッタウェイ)という名前からして「逃げていれば勝てる」という印象を受けますが、実際には通常のスクワッド以上に戦闘力を問われるゲーム性となっています。

 

上でもまとめたように、宝石を持てばマップに位置がバレる

反対に、宝石を奪おうとするならば相手チームを倒さないといけない

 

そして、相手を倒して宝石を奪ったら今度は自分たちが追われる番・・・

 

とこんな感じで、戦闘は避けて通れないどころかむしろ積極的に戦いを引き起こすような仕様になっています(・ω・)

このモードは名前とは裏腹に、連戦になっても耐えうる個々の戦闘力が大切になってくるのではないかと感じました。

 

ビクロを狙うなら漁夫の利作戦

 

漁夫(漁夫の利のイラストまで置いてる「いらすと屋」さんマジぱねぇ)

 

さて、ここからはゲッタウェイモードで戦うにはどのような戦術・立ち回りが有効かを考察していきたいと思います(・∀・)

 

これはもう、ひたすらに漁夫の利作戦が一番効果的でしょう。

 

先ほどから申し上げている通り、このモードで一番の問題は宝石の運搬で位置がバレること

これのせいで続々と敵が集まってきてしまい、ジリ貧に陥ってしまうパターンが圧倒的に多くなると思われます。

 

ならばいっそ、逃走バスのちかくまでは他チームに運んでもらい、そこで戦闘を仕掛けて強奪するというのが一番安全かつ確実にビクロを目指せるのではないかと思いますね(^O^)

 

幸いにもこのモードは出現する武器のレアリティがレア以上と、武器調達には困らないようになっています。

なので逃走バスの近くの町に降り、そこで装備を調えて待ち受けるという戦術を基本に立ち回るのが良いのではないでしょうか♪

 

 

 

さもなくば・・・

 

 

 

襲い来る敵を全てなぎ倒していくバーサーカースタイルもアリと言えばアリ。笑

真っ先に宝石を奪い、そこからバスまでに遭遇する敵を全滅させていく・・・。

 

「それが出来れば苦労しない」という典型ですねw

今回のまとめ

というワケで、今日の記事は放送後記ではなく新モードの考察を行ってみました(・∀・)

取り急ぎ記事にまとめたので、プレイ回数を重ねる毎に新たな戦術が見えてくるかもしれません(^^)/

そうなれば改めて記事にまとめたいと思いますが、現状は漁夫作戦に勝るものはないでしょう(・ω・)

 

ちなみに、放送では通常のスクワッドで1ビクロをとることが出来ましたので、1日1ビクロは継続中(^^)/

 

その後に逃走をテストプレイ・・・という流れでしたね(・∀・)

この新モードに関しては、交代アリの配信でやるにはやや不向きかなーというのが正直なところです(T-T)

 

1回のプレイ時間は短いので、順番待機のメンバーで裏部屋を作って頂いたりするのが良いのではないでしょうか(^_^)b

ま、たまには「逃走モード専用回」を作っても面白いかもしれませんのでいずれはやりたいと思います!(^o^)

 

 

というワケで今日の記事は以上です(^^)

それではまた、次回の放送で!!

 

POSTED COMMENT

  1. kuroken より:

    何回かやったけど場所選びが難しいね
    近くてもだめ 安置外もだめ
    マイナーかつ離れた場所じゃないと人がきて生き残りにくい
    あと建材貯めてから強盗に行かないとゴールできない

    だがハマったw

    • ryota より:

      おぉ、クロケンさんじゃないですか(^^)/

      そうですねー、マイナーで離れた場所で物資がそこそこ・・・
      まるで俺の放送でいつも降りてる場所みたいですねw

      逃走は結構好きな人おおいみたいですよ!
      苦手意識もっているのは俺とわさびさんくらいです。笑

  2. グッチー より:

    チャレンジのバールが欲しくてやってますがいまだに貰えず…
    チャレンジ内容はゲッタウェイを複数回プレイする、宝石持ちの敵を攻撃する、宝石を持つ。
    ビクロしなくてもおkなのは良心的です。
    ぶっちゃけあのバールさえ手に入ればあんまりやらないモードですw

    ちなみに野良でビクロしたときは後半ガチ逃走でしたw
    前を警戒しつつ後ろは壁を張っていく感じでした

    • ryota より:

      なるほど、宝石持ちの敵を攻撃するというのが一番の鬼門でしょうかね?
      まだチャレンジには10日ほど猶予がありますので、焦らず攻略していきましょう!

      野良でやるのも面白そうですねw
      俺もたまには放送外で野良逃走やってみます(^o^)

  3. みそかつ より:

    すみません….昨日寝落ちしちゃいました….今日は放送来れないけど、また今度行きますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。